宮沢賢治

series

宮沢賢治

●序

*パール 15mm アパタイト 0.42ct(メイン) 4ct(サイド)
*ダイア 0.46ct Pt900 / K18 リング

春と修羅 『序』
わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景とみんなといっしょにせはしくせはしく明滅しながらいかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈のひとつの青い照明です(ひかりはたもち その電燈は失はれ)

宮澤賢治氏の膨大な詩集はこの一節から始まります。
”青い照明”は賢治氏自身… 賢治氏の詩や童話と一緒にアルベルゴッティ・ジュエリーをお楽しみ下されば幸甚です。

●冬と銀河ステーション

*パール 13mm ダイア 1.96ct
Pt900 / K18 ブローチ & ペンダント
アルベルゴッティのチーフデザイナー大窪鈴子(Reiko)が感動した賢治氏の世界…記念すべき第一作がこの“冬と銀河ステーション”です。

1996年3月まだ雪残る花巻・林風舎に、当時90歳でいらした宮澤清六氏をお訪ねしました。清六氏はまだ無名だった賢治氏を、その死後、世に出した方で「等身大の賢治を世に出す」ことに努めて来たそうです。私が持参したこの作品を手に取って、『ほぅ、これが“冬と銀河ステーション”のブローチかね… この詩の中に出て来るJosef Pasternackは実在の人物… パッセン大街道は架空だがね…』等と二時間半もの時間、優しくお話をして下さり、私達が賢治氏の作品をテーマにジュエリーを創ることを許可して下さいました。
また、『ところであなたは<楢ノ木大学士の野宿>という童話は読んだ事はあるかね。』とお尋ねになりました。『私はまだ読んだ事はありません。』と答えたところ、『これは大学士がオパールを掘りに行く物語… あなたは宝石の鑑定士だそうだから、すぐ読みたくなるでしょう。』とおっしゃって、この童話の載っている「宮沢賢治全集6」を出していらして、その本の裏表紙に次のサインをして下さいました。

アダヂオは弦にはじまる・・・賢治の「霜林幻想」より
一九九六・三・十七
宮沢清六

私の宝物です。  (アルベルゴッティ・オーナー)  安倍 誠

●まなづるとダァリヤ

*クリソコーラ ベネチアン・グラス ダイア
*Pt900 / K18 ブローチ & ペンダント

クリソコーラはカルセドニィーの一種… 潜晶質クォーツ… つまりクォーツ(水晶)と同じ成分(SiO2)です。このクリソコーラの表面には、形成時の自然の絶妙なバランスで、キラキラと透明な水晶が光っています。
色あせて来た“赤いダァリヤ”は水色のベネチアン・グラス… 他のダァリヤの一部は、K18を焼いて黒く処理しました。
たいへんに夢のある童話で、<黄水晶(シトリン)、覧晶石(カヤナイト)、琥珀、>という宝石も登場します。

●有明

*パール 14mm サンゴ ピンクトルマリン 0.84ct
*ダイア 0.45ct Pt900 ペンダント

“起伏の雪”はサンゴ、“あかるい桃の漿(しる)”はピンクトルマリン、“青ぞらにとけのこる月”はパール、“散乱のひかり”はダイアで表現しました。 詩の最後の言葉、(波羅僧羯諦 菩提 薩婆)は般若心経の最後の一節で、(さあ彼岸に行きましょう)という意味だそうです。

●毒もみのすきな署長さん

*カルセドニィー 54ct ブラウン・ダイア 0.74ct
*ルビー 0.29ct Pt900 / K18 ブローチ & ペンダント

この童話は大変に面白くも、最後はちょっぴり物悲しい、“人の性”を考えさせるストーリィーです。
四つのつめたい谷川が、カラコン川の氷河から出て、ごうごう白い泡をはいて、プハラの国にはひるのでした。四つの川はプハラの町で集まって一つの大きなしづかな川になりました。
さてこの国の(法律の)第一条は、「火薬を使って鳥をとってはなりません、 毒もみをして魚をとってはなりません。」といふものです。
毒もみといふのは、毒を川に流して魚を捕る事です。
しかし新任の署長さんは自らこの法を破ってしまい、手錠を掛けられてしまいます。この署長さんの大きな口はカルセドニィー… 内側には同じ成分(SiO2)の水晶が光っています。

●雲の信号

*オパール 9.88ct ムーンストーン 5.86ct Pt900 リング

雲の信号    宮澤 賢治
あゝいゝな   せいせいするな
風が吹くし
農具はぴかぴか光っているし
山はぼんやり
岩頚だって岩鐘だって
みんな時間のないころのゆめをみているのだ
  そのとき雲の信号は
  もう青白い春の
  禁欲のそら高く揚げられていた
山はぼんやり
きつと四本杉には
今夜も雁もおりてくる    1922.5.10

<みんな時間のないころのゆめをみているのだ>、、、とても心に残る言葉です。

●高級の霧

*オパール(霧) 34ct オパール(カボションカット)2.47ct
グリーンガーネット 2.42ct  ダイア 0.17ct
Pt900 / K18 ブローチ & ペンダント
*グリーンガーネット 0.54ct  ダイア 0.64ct
K18WG ネックレス & K18 パーツ

“高級な霧“は不思議なカットのオパール、、、テーマに合った宝石を品質やカッティング・スタイルを指定してオーダーすることもありますが、このオパールを始め、「まなづるとダァリヤ」のクリソコーラ、「有明」のサンゴ、「毒もみのすきな署長さん」のカルセドニィー、「海の静けさ」や「春 変奏曲」のサイロメレーン・カルセドニィーなどのように、詩や音楽から感動を受けた時に、それらの宝石がストックの中からまるで私を呼んでいるように、見つかる事が良くあります。(Reiko 談)

●カイロ団長

*エメラルド 1.68ct クロームトルマリン 2.70ct
ダイア 0.94ct Pt900 リング
*ブルートパーズ 14.53ct スモーキィークォーツ
ダイア 0.90ct K18 ブローチ

ブローチは“池とカエルの卵”あるいは物語に登場するカエルの作った“立派なお庭”でしょうか。またリングは“とのさまがへるとあまがへる”でしょうか。

●春 変奏曲(ギルダちゃん)

*サイロメレーン・カルセドニィー サファイア 0.99ct
*アクアマリン 0.17ct エメラルド 0.11ct
*アファイヤーオパール 0.17ct アパタイト 0.20ct

このユニークなブローチのモチーフは、物語の中に出て来る“何か悪気を吐いたドラゴ”、“もう絶滅してゐる筈の星葉木と、四本の紐があるその胞子”、“いま媒体の白金を噴いて、線路に沿った黄いろな草地のカーペットをぶすぶす黒く焼き込みながら梃々として走って来るベーリング行XZ号の列車“、“かゞやかに日を分劃しわづかに風にゆれながら枝いっぱいに硫黄の粒を噴いてゐる五本巨きなドロ“、それとも、”ギルダちゃん“自身でしょうか。
あなたにはどう感じられますか?